• ホーム
  • 医療健康
  • ウイルス検査で有名人や首相の友人が優遇されてるって本当?

ウイルス検査で有名人や首相の友人が優遇されてるって本当?

医療健康
ウイルス検査で有名人や首相の友人が優遇されてるって本当?
スポンサーリンク

 
 

 新型コロナウイルスは国内にさまざまなひずみを生じさせていますよね。なかでも国民の不満が大きいのがウイルス検査だとおもうのですが・・・。

 

 

 野球選手はウイルス検査で優遇されている? 

 

 「政府は新型コロナウイルス騒動の初期段階から、ウイルス感染の有無を調べるPCR検査の拡充に積極的な姿勢を見せず、体調に異変を感じて検査を受けたくても保健所に断られる人が続出しました。

 

 そんな批判の高まりを受けて3月6日にようやくPCR検査が保険適用になりましたが、検査実績は思ったほど伸びていません」(全国紙社会部記者)

 

 そんななかでコロナウイルス感染者が球界で勃発しました。

 

 「阪神タイガースの藤浪晋太郎投手(25才)が“コーヒーを飲んでもにおいがしない”としてPCR検査を受けて、ウイルス感染がわかりました。

 

 これにはネットで“一般人は発熱しても検査が受けられないのに、野球選手はにおいがしないだけで検査してもらえるのか”“不公平ではないか”との批判が殺到しました」(前出・全国紙社会部記者)

 

スポンサーリンク

 

 安倍首相のお友達も優遇されている? 

 

 安倍首相の「お友達の優遇入院疑惑」もくすぶっています。

 

 舞台は、3月16日に開業した国の第一種感染症指定医療機関「国際医療福祉大学成田病院」。

 

 同病院は、安倍首相が推進する国家戦略特区制度で新たに設立された国際医療福祉大学医学部の付属病院で、コロナ対策で効果が期待される感染症専門病床を備えています。

 

 関係者を驚かせたのは、同大学の看板教授であるA教授が新型コロナに感染して、3月19日に成田病院に入院したことでした。

 

 「通常、感染が疑われる人は帰国者・接触者相談センターを通してPCR検査を受けますが、A教授はいきなり都内の知り合いの病院でPCR検査を受けて、陽性が判明すると千葉の成田病院に入院しました。

 

 A教授は通常の手続きを飛び越えたうえ、本来ならば都内のコロナ外来の検査で陽性が判明したら都内の病院に入院するはずなのに、千葉の感染症専門病棟に入院しました。

 

 この特別待遇は、A教授が安倍首相の肝いりの特区制度とかかわるからではないかと囁かれています」(前出・全国紙政治部記者)

 
 

 医師の世界はコネがモノを言う? 

 

 国民の不満が募る優遇疑惑について、医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんは「医師の世界はコネがモノを言う」と指摘しています。

 

 「医師の世界は人間関係が非常にモノを言うことは確かです。ただし医師だからと保健所を通さずに知り合いの病院で検査してもらうことは、違法ではないものの、一般の患者からすると納得できないでしょう」

 

 世界的な大混乱のなかで迎えた4月。子供たちの新学期はどうなるのでしょうか。

 政府は春休み明けから学校を再開する方針だったようですが、3月28日の記者会見で安倍首相は、専門家会議の意見を聞いて決定すると微修正し、地域によっては再開できないところもあるようです。

 

 「感染者激増が予想される首都圏では、保護者の反発も強くなかなか学校再開は難しいのではないでしょうか。しかもロックダウンされたら再開どころではなく、オンライン授業が模索されるかもしれません」(前出・全国紙政治部記者)

 

 本当にこれから先どうなっていくのでしょうか。迫りくる「医療崩壊」を防がなければ、最悪の結末を迎えてしまうかもしれない状況と言えないでしょうか。

 
 

※女性セブン2020年4月16日号Web版を参考に

 
 
 

スポンサーリンク