• ホーム
  • 経済
  • NHK受信料の節約方法はいろいろあります

NHK受信料の節約方法はいろいろあります

経済
NHK受信料の節約方法はいろいろあります
スポンサーリンク

 

 
 
 

 家計の中で最も節約しにくいのが、一定額を必ず支払う必要がある固定費です。

 

 その中でも「本当は払いたくないんだけどな…」と頭を悩ませる項目の1つが、NHKの受信料ではないでしょうか。

 

 連続テレビ小説や大河ドラマ、教育テレビなど好みの番組がある人ならともかく、中には「全く見ないのに」という人もいることでしょう。

 

 NHKへの加入は義務。受信料未払いには強硬措置も 

 

 NHKは民放とは異なるルールが多数存在します。

 

 まず、NHKは、公共の福祉を充実させる目的で放送活動を行う特殊法人です。

 NHKの放送は、日本全国どこでも国際放送や衛星放送を受信できます。

 また、NHKと民間放送局との大きな違いの1つに「コマーシャルの有無」があり、これは公共放送上での公平性を保つためという理由で、特定の企業や商品を宣伝してはいけないと定められているからです。

 

 NHKへの加入は放送法第64条によって義務付けられています。

 

 これは「NHK放送を受信できるテレビやワンセグ、カーナビなどの機器を持つ全ての人」に課せられる義務です。

 

 この法律があるからこそ、NHKを見ない人でも契約をする必要があります。

 

 罰則はないのですが、契約するまでずっとNHKの契約訪問員が自宅に訪問してくるので「義務だから仕方ない」と割り切って支払いをしている人も多いでしょう。

 

 「罰則はない」と記載しましたが、「受信料を支払わなくても問題ない」という訳ではありません。

 

 NHKと契約を結ぶと、書面にも明記されているとおり、規定の受信料を支払うという旨に同意をしていることになります。

 

 そのため、受信料を滞納し続けると、法的な手段を経て、口座や給料などを差し押さえられてしまう場合もあります。

 

 それでは契約をしないとどうなるか?

 

 最近では裁判に訴えられ、何年か前に遡って徴収されるという判決が出ていますから、契約をしないというわけにもいかなくなってきています。まさに、受信料を強制的にむしり取っていくわけですから、税金と変わりありません。

 

スポンサーリンク

 

 NHK受信料の節約テクニック 

 

 「NHK受信料をなぜ支払わなければいけないのか」は無理矢理にも理解するとして、それでも固定費は少しでも減らしておきたいものです。

 

 ぜひ実践すべき「NHK受信料の節約テクニック3つ」。

 

 1.NHK受信料の支払い方法は

 ・ 振込用紙を使った現金支払い

 ・ 金融機関を使った口座振替

 ・ クレジットカード支払い

の3つがあります。

 

 この中で「金融機関を使った口座振替」もしくは「クレジットカードを使った支払い」を行う場合、

 

 「現金支払い」と比較して、月額50円の節約になります。

 

 さらに、クレジットカード会社によっては支払い額に応じてポイントが付与される場合もあるので、「クレジットカード払い」おすすめです。

 

 あなたは、ずっと昔に契約した時のまま現金支払いを続けていませんか?今いちど、NHKの支払い方法について確認してみるのがおすすめです。

 

 2.「年払い」で支払う

 

 NHKの受信料は基本的に2か月ごとの支払いとなっていますが、 6か月分、12か月分と前払いすることも可能です。

 

 前払いをすることで最大1,990円の節約になるケースもあるので、どうせ固定費として必ず支出するものなら少しでも安く支払える12か月払いがおすすめです。

 

 12か月分を捻出できるのであれば、ぜひ再検討してみましょう。

 

 3.ケーブルテレビを通じて支払い「団体割引」を受ける

 

 NHKには「団体割引がある」という事をご存じでしょうか。

 

 あなたがケーブルテレビに入っているなら、ケーブルテレビなどの会社によっては、NHK受信料を代行集金して団体割引を適用し、支払ってくれるサービスを行っている場合があります。

 

 団体を通じて割り引かれる金額は月額200円ですので、3つの方法のうち最も大きな割引率です。

 

 年間で2,400円の節約につながるなら、使わない手はないと思います。契約しているケーブルテレビの会社などに、問い合わせてみましょう。

 
 

 受信料の「免除対象」や「減額対象」がある 

 

 法律に基づいて公営放送を行っているNHKには、受信料の「免除対象」や「減額対象」がある事を知っていますか。

 

 NHKの訪問契約員は委託されて業務を行っている人たちなので、免除や減額についての案内をしてくれる人はほとんどいません。

 

 自分や家族が免除や減額になるのかどうか、自分自身で調べて手続きを行う必要があるのです。

 

 ここからは、知っておかないと損してしまう免除対象や減額対象について紹介します。

 単身赴任などの一時的な住まいでは「家族割」で半額になる

 

「NHKの放送を受信できる機器を持つ人」が契約条件にあるということは、単身赴任や、なんらかの理由で同一世帯にも関らず別居している人も契約対象になるということです。
 

 この場合、6か月払いもしくは12か月払いを選択することで、受信料が半額になる「家族割」を適用することができます。半額分は大きいので、絶対に知っておきたい減額制度です。

 

 奨学金を受けながら1人暮らししている学生は「全額免除」

 

 大学生になって、通学のために1人暮らしをしているお子さんを持つ方も注意が必要です。

 

 実はNHKの受信料免除対象には「奨学金を受けながら1人暮らしをしている学生」が含まれます。

 

 特にまだ社会経験もない大学生や専門学生の場合、「義務なので」と言われると、何の疑問もなく契約してしまう可能性もあるでしょう。

 

 事前に全額免除の対象であることを、お子さんに伝えておくことで不当な契約を回避できます。

 

 奨学金だけでなく、経済的理由の選考基準がある「授業料免除制度」を受けている学生もこの全額免除の対象です。

 

詳しくは、NHKのホームページをご確認ください。

参考:NHK受信料の窓口 放送受信料の免除について[https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/exemption_list.html]

 
 

 ずっと払い続けるものだからこそ節約しよう。ぜひNHK受信料の節約をして、固定費を少しでも減らしてみてください。

 
 

※この記事は、マネーの達人 2020/05/03 を参考にしました。

 
 
 

スポンサーリンク